男三兄弟を育てる(31)おとこのこの育て方〜モロイ流〜 第2話

0

    こんにちは!kuccaの諸井です。

     

    先日第1話を書かせていただいたのですが、

    思いのほかFBでのリーチ数やブログアクセス数が

    近年まれに見る数字をたたき出し(笑)

     

    男の子の育て方に、悩む?なんかモヤモヤ思う?

    もしくは、わかる〜〜あるある〜という共感が多かったのかなと。

    いずれにしても興味を抱いてくれる方がいて嬉しい。

     

    男の子を育てる隊は私1人でやるんだなって思ったけど、

    募集したらたくさん集まるかも♪なんて思い始め、

    なにやら面白いことができるやもしれぬ。。。とムフフとしてきました。

     

    営利な目的はないんだけど、ちょっと面白いイベントできたらいいな〜

    男の子子育てエキスポみたいな(笑)

    ま、それは妄想の世界で温めておいて、、、

     

    さて今日は第2話です。

     

    △▼第2話 『分かるようにちゃんと話してくれる?』

     

    ありませんか?

    なんかもう段々と、旦那の話になってきているような気もしますが(笑)

    今回ももちろん可愛い三男には、無いのですが、、、、

     

    大きい長男(旦那)、長男、次男、に大いにある!!!

     

    自分のキモチを語らない。

    片言か?というほど、自分の気持ちなど、内のものを

    表現できない⇒結果、私に理解できない。

     

    あ〜〜腹立つ〜〜〜ってヤツです。

     

    なんで?って思いますよね。

    自分の気持ちもわからんのか〜〜い!って。

     

    でもこれも脳科学で分かっているんです。

     

    そもそも、男性の脳は客観性に優れているので、

    主観的意見を述べるのが苦手なのです。

    気持ちとかを語るように出来ていないのだそう。

     

    =イコール、離れたものに意識が向かう。

    狩りの習性ですね。

    (もう狩りなんてしてないのに、人間の根源となるDNAはすごいです)

     

    なので、DNAが相手ではもう降参w

     

    もうここはそういうもんなんだなと理解しつつ、

    少しでもこっちが歩み寄れるスタンスでいないとダメなんだなと思いました。

     

    もちろん男性でも主観的な意見を上手に言える方もいると思いますが、

    きっと訓練、もしくは相当意識しているんだと思います。

    逆にすばらしいですね。

     

    なので、3〜4歳の女の子は自分の意見を言える、しっかりを主観的意見を述べられるのに、

    同年代の男の子と来たら、、、そりゃ無理な話。

     

    ただ、離れたものに意識が向かうので、他の人の気持ちなどを述べることは

    出来るので、主観強し!の女子よりは(笑)喧嘩の仲裁などは長けているかもしれませんね。

    でも、また空気を読むのが下手なので、それはそれでやっぱりむずかしいか?

     

    いずれにせよ、『自分の思っていることを言ってごらん』

    なんて言ったひにゃ、男児たちはあわわわわなのです。

     

    なので、彼らたちがどう思うかを、聞き出すよりは

    自分から言えるようになるまでは、待ちの体制が良いのかなと思います。

    ただ、漠然と待っていてもきっとなにもレスポンスはないと思うので、

    私は母として、こう思うよ、ということは必ず伝えるようにしてます。

     

    で、ついつい、君はそれについてどう思う?なんていうと

     

    「うん、そう思う」

     

    としか返ってこないのです。

     

    あ、やっちまった、焦っちゃった。

     

    でももう今はそれでいいのかなって思える、脳の性差メカニズム。

    私をかなり救ってくれています。

     

    小5の長男、大事な部分をカットしすぎ

    小1の次男、まとまらなすぎ

     

    なかなか自分の思いを伝えるのって難しいですが、

    待つ、寄り添う

    って事が、排泄育児後でも役に立つのはここなんじゃないかなと思うのです。

     

     

     

     

    ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

    『布・茶・話・会』 お気軽にご参加くださいませ〜〜〜ラブ

    http://062blog.kucca.jp/?eid=3698

     

    【12月】

    ☆12月5日(火)はじめて編@自宅サロン    残1席

    ☆参加応募はこちらからどうぞ☆  

     

    ★12月6日 ゆるゆる布おむつ@調布aonaカフェ

    予約はこちらから⇒http://kokucheese.com/event/index/496023/

     

    ★12月8日(金)布おむつ講座@吉祥寺コピス

    予約はこちらから⇒mamagakuにて

     

    ☆12月14日(木)応用編@自宅サロン    

    ☆参加応募はこちらからどうぞ☆  

     

    ★12月19日 「布おむつと赤ちゃんとまいにちのうんち、おしっこのお話し会@米子市」 
    〜排泄に寄り添う布ライフのすすめ、おむつはずしについて考える 
    &布ナプキンのお話もしちゃうよ〜 

    詳細はこちら⇒http://062blog.kucca.jp/?eid=3826

    予約はこちらから⇒https://ws.formzu.net/fgen/S24525204/

     

    ☆12月21日(木)もぐもぐこども調理室コラボ〜離乳食と布おむつ〜

    予約はこちらから⇒参加応募はこちらからどうぞ☆

     

    【2018年は以下】

    1月31日 「布おむつと赤ちゃんとまいにちのうんち、おしっこのお話し会@福岡市」

    2月 1日 「布おむつと赤ちゃんとまいにちのうんち、おしっこのお話し会@佐賀市」 

    詳細はこちら⇒http://062blog.kucca.jp/?eid=3832

    予約はこちらから⇒https://ws.formzu.net/fgen/S24525204/

     

     

    ◎基本的に、自宅サロンも、調布も吉祥寺も、

    内容はほぼ同じ講座になるのですが、時間や構成の組み方が違います。

     

    ぜひお近くの方は、出張茶話会の機会に参加してみてください♪

    出張茶話会についてはこちら

    ※開催実績 大阪、静岡、北海道、宮崎、香川、福岡、佐賀とあります。

     

     

    ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△△▼△▼△▼△▼△△▼△▼△▼△▼△

     


    | 1/31PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    search this site.

    Links

    Instagram
    友だち追加数

    selected entries

    categories

    recent comment

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM